top of page

イノベーティブな発想のために―定型業務の削減がカギに

次回の日経のコラムは、「大企業がイノベーションチームに投資し、良い環境を整えることで、期待通りの成果を上げるにはどうすればよいか」という「#組織#変革」についてのお話です。


リソースが限られた小規模なイノベーションチームが、第三者の専門家に簡単にアウトソーシングできる業務や、デジタル技術で完結する業務に追われているのをよく見かけます。


イノベーションチームは、コアではないタスクに忙殺され、重要な戦略構築、シナジー効果の高いスタートアップ企業との実際のプロジェクトの打ち合わせ、新しいビジネスモデルやテクノロジーのテストなどに集中することができなくなっています。


その結果、具体的な成果が上がらず、モチベーションが下がったり、時間や予算が足りなくなったりするのです。


この記事では、このような事態を防ぐために、私が考えることをお話しました。


また、私たちは、バーチャル・イノベーション・チームという新しいサービスで、このような状況にある企業を支援しています。




Comments


bottom of page