top of page

カーボンニュートラル+オープンイノベーションのソリューションについて事例を交えたイベントを開催しました


登壇者左から: Trusted CEO ファリザ・アビドヴァ氏、世界銀行 上級都市専門官 兼 東京開発ラーニングセンター(TDLC)チームリーダーのビクター・ムラス氏、Trusted セールスディレクター 石橋三枝氏


Trusted と 世界銀行 東京開発ラーニングセンター(TDLC)による成功事例とプロセスの紹介

Trusted Corporation は、4月26日にCIC Tokyo にて、世界銀行から講師をお招きしてイベントを開催しました。このセミナーでは、オープンイノベーションのプロセスを応用し、現代の壮大な課題の一つであるカーボンニュートラルにオープンイノベーションで対応する方法について、実際の事例を交えて紹介しました。かつて革新的な技術の代名詞であった日本から、世界の他の拠点にイノベーションがシフトしていることを主なトピックとしてディスカッションしました。



かつてイノベーションの代名詞だった日本はいまや遅れをとっている

かつてバブル期の全盛期には、イノベーションの代名詞だった日本。バブル崩壊後の30年間は「失われた20年」とも呼ばれ、日本はそろそろそこから脱却しなければならない。製造業におけるイノベーション、プロセス、高品質な製品を世界に供給することに関しては、日本は今でも世界のリーダーです。しかし、伝統的な大企業の密室で行われることが多かったそのイノベーションプロセスは、グローバル化した経済やスタートアップ企業との連携には全くそぐわず、オープンイノベーションに関しては、アメリカ、中国、ヨーロッパに遅れをとってしまったのです。



限られた空間で革新を進める日本、チャンスを逃す

JETROによると、日本では店舗や流通網などの実物資産の8~9割を大企業が所有しています。スタートアップに供給されるベンチャーキャピタルは世界平均と比較して極小で、2020年までに日本が輩出したユニコーンのスタートアップは全体で7社に過ぎません。世界銀行東京開発ラーニングセンターのチームリーダー、ビクター・ムラスがセミナーで発表した、世界の生産量と比較すると大海の一滴に過ぎないことがわかります。

世界はスタートアップによるイノベーションが進んでいる。一方、日本は2020年までにユニコーンを7つしか生み出せないという遅れをとっている。出典 ビクター・ムラス、4月26日、CIC東京でのプレゼンテーション


ムラス氏は、世界のトレンドはイノベーションの非集中化と脱リスク化だと語ります。オープンイノベーションは、イノベーションをプレイヤーの共同ネットワークに分配し、リスクを最小化するものでもあります。オープンイノベーションは、イノベーションを協働するネットワーク上に分散させ、リスクを最小化します。このためには、従来の日本企業の非常に階層的で内部に焦点を当てたビジネスモデルを見直す必要がありますが、より迅速で楽なイノベーションへの扉を開き、新しいネットワークや市場を開拓することができます。



講演中の世界銀行TDLCチームリーダー、ビクター・ムラス氏。


"日本人は偉大なイノベーターであり、日本企業の小さなイノベーションが世界を変えるという "ウォークマン・モーメント "を何度も世界にもたらした。日本にはまだ同じような可能性があり、オープンイノベーションがそれを再び解き放つ鍵になると思われる"とムラスは講演を締めくくった。

日本企業はやる気はあるが、方法を知らない

日本がオープンイノベーターになるのを阻んでいるのは、意志の欠如ではありません。適切なプロセスがまだ知られておらず、整備されていないことが、プロセス指向の日本企業にとって大きな障害になっていると、Trustedのセールスディレクター(現CMO)である石橋三枝氏は指摘する。彼女は、60社以上の日本企業を対象に行った、オープンイノベーションに取り組まない理由、あるいは取り組んだものの失敗した理由を調査したトラステッドの社内研究について発表しました。その主な理由としては、64%が組織の準備不足と答え、その主な理由は、明確なビジョン、リソース、定義されたプロセス、異なる部門間の連携がないことであった。


株式会社Trusted 石橋美枝氏による、日本企業のためのオープンイノベーションのソリューションの紹介


日本のビジネスモデルにオープンイノベーションを取り入れるには、新しいビジネスプロセスが必要

このような状況を打破するため、Trustedは、明確なロードマップから始まり、組織内の既存のスキルやリソースを把握するスキルマトリックス、PoC計画、革新的な技術やサービスの既存のビジネスモデルやラインナップへの統合まで、日本企業をオープンイノベーションへと導く5ステップの評価とワークショップ「イノベーションプランナー」を設計しました。Trustedは現在、不動産デベロッパーから製造業、ファスト・ムービング・コンシューマー・グッズまで、さまざまな日本の大企業が、5ステッププランで真のオープン・イノベーションの可能性を引き出すお手伝いをしています。



オープンイノベーションとは、既存の再発明ではなく、既存技術を新しい分野に応用することである

日本人は昔から、発明家以上に優れたイノベーターでした。彼らは、プロセスを改良し、発明を新しい応用分野に適用する方法を理解している。最後に、TrustedのCEOであるFariza Abidova氏は、既存の技術を新しい産業に転用することで、プロセスの合理化、効率と生産性の向上、新しい製品ラインアップを実現できることを紹介しました。

これこそオープンイノベーションの真骨頂。スタートアップが開発した新技術と、既存企業のサービスや製品が融合する。

オープンイノベーションは、効率性や生産性、潜在的な市場ニーズといったビジネス上の課題を超えて、多くの企業がカーボンニュートラルという目標を達成するための効果的なツールであることが証明されています。例えば、自動車メーカーや製造業では、リサイクルや循環型経済のプロセスを強化する技術を見つけるために、スタートアップイベントを利用しています。



オープンイノベーションとカーボンニュートラル: 地球を救うために新しい技術を活用する

アビドヴァは、地球上の主要な受粉媒介者であるミツバチをリモートセンシングで支援する例を紹介しました。ミツバチや他の受粉媒介者がいなければ、植物は繁殖することができません。木や植物は炭素を蓄えるだけでなく、私たちの主要な食料源でもあります。リモートセンシングは、かつては主に科学者や軍事に利用されていましたが、SAPのスタートアップイベントを通じて、蜂蜜生産に使われるミツバチにも応用されるようになりました。これはミツバチの活動を監視し、その健康状態や活動のホットスポットを遠隔報告するもので、ミツバチ集団を健康に保ち、地域のミツバチ集団に対する潜在的な脅威を早期に発見するのに役立ち、蜂蜜生産者と環境の双方にとって有益なものです。このプロジェクトは現在、3つの大陸で実施されています。



カーボンニュートラル技術でリードするヨーロッパのスタートアップ

オープンイノベーションは、現代の主要な目標の一つであるカーボンニュートラルを、私たちの手の届くところにまで押し上げました。ヨーロッパのスタートアップ企業とその広大で緊密に結びついたエコシステムは、欧州連合におけるこの達成に大きな役割を果たしている。アビドヴァは講演の中で、車のタイヤを完全にカーボンニュートラルにリサイクルすることに成功したオランダの企業や、屋根に溜まった都市の空気を貯蔵可能な電力に変換する方法を見つけたフィンランドのスタートアップなど、いくつかの成功事例を紹介しました。



Trusted CEO ファリザ・アビドヴァ氏は、講演の中で、カーボンニュートラルにおけるヨーロッパからの画期的なイノベーションを紹介しました。


「2021年、人類は世界の問題を解決するための技術を、ほぼすべて作り出しました。今足りないのは、発明を必要とされている分野に適用すること、つまりコネクションです。これがオープンイノベーションです」とアビドヴァは説明する。

Trustedについて

Trustedは、企業が新しい技術やパートナーシップの可能性を容易に見出すことを支援しています。国境を越えたイノベーションを加速させるというビジョンのもと、トラステッドのオープンイノベーションプロセスとプラットフォームは、グローバルイノベーションの時代に適したアプローチで、時代遅れのビジネスプロセスを置き換えます。


Trustedのスタートアップファインダーサービスを通じてカーボンニュートラル関連ソリューションに取り組むスタートアップ企業をなどを詳しく知りたい方は、contact@trusted-inc.com にご連絡ください。


Trusted Corporation Contact Details

〒105-6415 東京都港区虎ノ門 1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15階



Comentarios


bottom of page