top of page

ノーベル賞受賞者の吉森保氏と大隅良典氏にお会いすることができました



今回の大阪出張では、大阪大学大学院医学系研究科遺伝学教室教授・同大学院生命機能研究科細胞膜ダイナミクス研究室の吉森保先生とお会いすることができました。 



吉森教授と大隅教授(この研究でノーベル賞を受賞)は、以前、愛知県岡崎市の基礎生物学研究所で一緒に研究を行っていました。


(オートファジーとは、より健康な細胞を再生するために、傷ついた細胞を掃除する体の働きのことです。)


詳細はこちらでご覧いただけます。


ファリザ自身も、長寿社会のイノベーションに興味があり、オートファジーとは何か、その仕組みは何か、人々の「健康寿命」を延ばすためには何が必要か、イノベーションを加速するためにはどのような国境や業界を越えた連携が必要か、彼らの研究によって認知症、アルツハイマー、糖尿病など多くの病気を治すことができるのか、など考えるところがたくさん有ります。


仕事を通じて、私たちの生活をより良く変えるために日々努力している多くの素晴らしい頭脳、イノベーター、優れた技術や資源を持つ企業と出会うことができました。


吉森先生、貴重なお時間と知識をありがとうございました。


彼の仕事に興味があり、繋がりたいと思った方は、ぜひお気軽にTrustedに声をかけてください。


Comments


bottom of page