top of page

ビールをもっと飲めば、地球を救える?

多くの人が信じていることとは裏腹に、砂は再生可能な資源ではありません。実際、砂が大量に生成されるには地質時代全体が必要であり、その需要は絶えず増加しているため、 私たちは適切な砂不足の危機に直面しているのです。



Photo Source: The Limited Times


砂は都市化の骨格である


なぜ砂が不足しているかというと、砂漠に大量に存在する砂は、その質感が薄く滑らかであるため、教育や建築に適さないからである。地球上に存在する地形の1%にも満たない河川、湖沼、海岸の砂が最も必要とされているのである。この砂は、文明社会にとって必要不可欠なものであり、年間550億トンも使用され、空気、水に次いで3番目に多く開発された資源となっています。


砂がなければ、道路のアスファルトは存在しませんし、何百万もの建物を支える

コンクリートも存在しません。ダム、ワイングラス、歯磨き粉、人工衛星、携帯電話、自動車、窓ガラスなど、数え上げたらきりがない。つまり、都市の拡大が砂の需要を増大させるのである。


皮肉なことに、砂はソーラーパネルや風力タービンの建設にも使われている。

これらの使用は、エネルギー消費を減らし、その結果、気温上昇、海面上昇、海岸の消費をもたらす汚染を減らすと考えられている。


ガラスは循環型経済のモデル


建材に第二の人生を与えることは、エネルギーと天然素材を節約できる唯一の方法である循環型経済の好循環を引き起こすことができます。


ガラスは、リサイクルの過程で物理的・化学的特性を変えないため、質量や品質を失うことがなく、無限にリサイクルできる可能性があります。瓶や容器、レンズ、装飾品などの

ガラス製品が廃棄物となった場合、そのプロセスを逆行させ、材料を再利用することが可能です。


2022年は、国連が「国際ガラス年」と定め、ガラスの技術的、科学的、経済的、環境的、歴史的、芸術的な役割を強調することを目的としています。



スタートアップと革新的なプロジェクト

"ビール瓶の砂":ビールの空き瓶が数秒で砂に変わる


DB Breweries は、空のボトルを粉砕して砂にし、浸食された海岸の補充や人工ビーチの造成に利用することができる機械をいくつか作りました。この機械は、ビール瓶を飲み干すと、真空システムでプラスチックラベルを取り出した後、小型のスチールハンマーで瓶を粉砕し、わずか5秒で200gの砂にします。


この機械は、ゴルフ場の建設、ニュージーランド全土の排水事業、道路整備などの建設会社や取引先に納入された。これは、持続可能なイノベーションの手法であると同時に、優れたマーケティング戦略であることは間違いない。


"私たちは、人々が目的を持って飲む方法を作りました。彼らが好きなこと、つまりビールを飲むことで地球を救うのです"



空き瓶の砂を利用した建築現場

Photos Source: Creativepool.com



ビールグラスを粉砕し、砂にする機械

Photo Source: Subic Bay Olongapo


“Spiagge di Vetro” — ガラスのビーチ


YES (Young Ecology Society)は、Mario Raimondi と Corinna Cannata, によってイタリアで設立されました。彼らは、ガラスくずやボトルキャップを回収し、ガラスを破砕する “Sbriciola” という革新的な機械を発明し、リサイクルや廃棄方法を、より持続可能な方法で再発明することを目標としています。


砂の代替


セメントになるまでの過程で、砂の代わりになるものとして、再生プラスチック、竹、ゴミ焼却飛灰、鋳物砂、ココナッツ、木材などを試験しています。また、解体材から砂を回収して再利用する技術の改良も進められている。


しかし、建築はコンクリートだけでなく、耐火木材やわらなどを使った堅牢で効率的な建築物も多い。アムステルダムは、2050年までに100%循環型社会に移行することを決定し、新しい建築現場で使用する材料はすべて古い建築物から再利用することにしています。



Trusted Corporation は、イノベーション戦略の専門家です。私たちは、お客様独自の状況を評価し、お客様の目標に合わせたサービスを提供します。課題の特定、ニッチ技術の発見、文化的格差の解消、コンセプト実証の開発、契約の最終決定まで、オープンイノベーションの全段階を通じて大企業のコンサルティングを行います。

 

今すぐお問い合わせください。無料相談は、 contact@trusted-inc.com.

Comments


bottom of page