top of page

ファリザが経済産業省主催のディスカッションに参加し、スタートアップ育成五カ年計画について意見を発表しました




岩田 和親 経済産業大臣政務官は、昨年より、日本のスタートアップ エコシステム のキーパーソンと定期的にディスカッションを行っています。


このディスカッションは現在の課題・問題点などを収集し、スタートアップやイノベーターのための環境整備に向けた新しい政策立案に反映させることを目的としています。





ファリザは、定期的にこのディスカッションに参加し、海外起業家の目線で意見を述べるとともに、現在の国内外のオープンイノベーションの課題を共有しています。


今回で7回目のディスカッションは、経済産業省文部科学省が主催しており、

「スタートアップ育成5か年計画」の報告がメイントピックとして扱われました。 


「スタートアップ育成5か年計画」には

  • スタートアップのサポートシステム(例:スタートアップへの投資を10 兆円規模に)

  • 大学や大企業が政府の資金を活用しイノベーションを起こすこと

  • 新しい税制、投資やM&Aのための柔軟な規制 などが含まれています。


しかし残念ながら、これらの情報は日本語のみでしか提供されていません。


Trustedは、日本でのイノベーションに関心を持つ国際的なスタートアップやグローバル企業のためへ新しい規制や機会について英語で情報を共有するために、各省庁にインタビューすることにしました。


インタビュー記事をの完成が楽しみです。




Bình luận


bottom of page