top of page

ファリザが駐日米国大使のMr. Rahm Emanuel 意見交換を行いました




昨日、アメリカの #駐日大使 Rahm Emanuel 氏がCIC Tokyoオフィスを訪問されました。







ファリザはCICにオフィスを構える日本の起業家の一人として招待され、大使と日本の #スタートアップ #エコシステム の最近の動向、課題、そしてそれを克服する方法について話し合いました。


政治家、政府、協力者、その他エコシステムに必要なキーパーソンを巻き込み、CICが開催する素晴らしいイニシアチブを通じて、日本のスタートアップエコシステムをさらに成長させ、世界とつなげることができると信じています。



Rahm Emanuel 氏について簡単に


Rahm Emanuel 氏は、2021年12月18日に超党派の投票により、第31代駐日米国大使に就任することが決定しました。 これまで、エマニュエル大使は第55代シカゴ市長を2019年5月まで務めていました。


市長就任前の2008年11月から2010年10月まで、エマニュエル大使はバラク・オバマ大統領の首席補佐官を務めていました。大統領の最高顧問を務めたほか、オバマ政権が2009年の米国再生・再投資法および画期的な患者保護・医療費負担法の成立を実現するのを支援した。



Comments


bottom of page