top of page

ファリザが海外のスタートアップとの協業に向けた日本の課題や解決策についてのディスカッションに参加しました

2月17日、ファリザは日本のスタートアップエコシステムの成長に様々な角度から貢献している方たちとともにパネルディスカッションに参加しました。


本イベントは東京都(スタートアップエコシステムコンソーシアム)が主催し、渋谷区 グローバル拠点都市推進室 室長 田坂克郎氏、Stripe Japan 株式会社 スタートアップパートナーリード(日本・韓国)西山 真梨氏、Miles Japan株式会社 セールスダイレクター 兼 アーキタイプベンチャーズ株式会社 アドバイザー ロン・ドラブキン氏がパネリストとして参加したものである。


本イベントでは、「日本企業が海外のスタートアップとうまくイノベーションを起こす方法」をテーマに、「政府、グローバルスタートアップ、ソリューションプロバイダーの視点からのリアルな課題と解決策」というトピックについて議論しました。


ファリザは、大企業が国内外で試しているさまざまなイノベーション方法論、それぞれの方法論の長所と短所、日本企業がグローバルなスタートアップとイノベーションを起こすために推奨する短期〜長期の戦略について紹介しました。



私達Trustedは、日本のスタートアップエコシステムに良い勢いを感じています。

政府はイノベーターのための環境を改善するために新しい政策や規制を作るために努力しており、起業家や投資家は年々増加していることも確かです。


私達Trustedはソリューションプロバイダーとして、企業、スタートアップ、大学、研究機関、政府が一体となって未来のための価値を生み出すために新しいイノベーション手法をテストしています。


主催者の皆様、このような機会を作っていただきありがとうございました。





コメント


bottom of page