top of page

SPINEARにてウズベキスタンの再生可能エネルギー源の発電について解説しました


ウズベキスタンのアブドゥラ・アリポフ首相が、SDGsの観点から、今後数年間に再生可能エネルギー源による発電量を8GW以上にする意向を示した。現在、総電力量の多くを自国の天然ガスによる発電に依存しているウズベキスタン。どのようにして、再生可能エネルギーの割合を増やそうとしているのか。ウズベキスタン出身のファリザ・アビドヴァさんが解説する。


Comments


bottom of page